訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーション
News

記事が見つかりませんでした。


理学療法士・作業療法士による、専門的なリハビリテーションをご自宅で提供します。

梓川診療所の医師が指示医となり、その指示のもと、在宅生活を継続するために必要な機能訓練等を提供し、利用者様が持っている力を発揮できるようにご家族様・関係する事業所との連携をしながらサービスを提供します。

tel

0263-88-5683(リハビリ部門直通)

mail

info@azusa-clinic.jp

site

お問合せフォーム

対象利用者様・対象地域

  • 介護保険をご利用されている方
  • 在宅で生活されている、又はサービス付き高齢者住宅に入居されている方
  • 特定難病受給者の方・癌などのホスピスケアとしてのリハビリが必要な方
  • 松本市西部地域・山形村・安曇野市(一部)

リハビリでできること

  • バイタルチェック(血圧・脈拍・血中酸素飽和度・体温の測定)
  • 状態観察
  • 環境調整(必要な福祉用具・福祉住環境整備などのご提案をします。)
  • 機能訓練
  • 生活動作の練習
  • 浮腫に対するリハビリ
  • 呼吸器疾患を持つ方へのリハビリ(小児・高齢者)
  • 進行性難病の方へのリハビリ
  • ご家族様からの介護に関するご相談
  • 趣味活動の提案
  • 入退院(所)の際は医療機関・施設のリハビリスタッフ等と連携します
  • 通所サービスへ移行される際、併設の通所リハビリと同じスタッフが訪問リハビリへ伺う事ができます

リハビリの目標

  • 退院(退所)後の生活を安心して過ごせるように、ご自宅で練習を続けたい方
  • 入院中に医療機関で練習した生活動作を、ご自宅で安全に行えるか確認してほしい方
  • 退院後の在宅生活に不安のある方
  • 「自宅のお風呂に入れるようになりたい」「畑仕事をしたい」「家族に手料理をつくってあげたい」など、
  • 身につけたい生活動作や趣味の再開に向けて努力したい方
  • 在宅生活を整えてから通所サービスを利用して生活の幅を広げていきたい方
  • 人生の最期をよりよく迎えるための支援
  • 目標を達成してリハビリ修了に向けて努力したい方も支援させて頂きます

どんなことでもお気軽にご相談ください

サービス開始までの流れ

STEP
相談

訪問リハビリにご興味のある場合は、主治医・ケアマネージャー・入院している病院にまずはご相談ください。
また、こうした方から訪問リハビリを勧められる場合もあります。
誰に相談したら良いかわからない場合は、お気軽に当訪問リハビリにご連絡ください。

STEP
連携

当事業所のスタッフがケアマネージャー等と連絡をとり、契約前の連携を図らせて頂きます。

STEP
契約

ご本人様またはご家族様に訪問リハビリのサービス内容をご説明し、契約を結びます。

STEP
ご利用開始

初回ご利用前に当診療所医師の診察を受けて頂き、訪問リハビリの指示書を発行します。 利用開始後も定期的に関係者と連携し、サービスの方向性について打ち合わせいたしますので、ご要望などはお気軽にご相談ください。

ご利用者様の声

Aさん♀(82)

糖尿病食について糖尿病教室 でも学びました。

訪問リハビリで実際にカロリー計算しながら献立を考え、材料を購入し、調理できたので助かりました。

おかげで今はご飯を作ったり 食べることができています。

Bさん♂(85)

砂利道、坂道は足に負担がかかります。
でも外に出る自信がついてきて楽しくなってきました。

Cさん♂(79)

徐々に難しい作品にも挑戦しています。

完成した作品を見ると嬉しくなり、また頑張れます。

Dさん♂(88)

以前より上手に安心して昇り降りができるようになりました。

避難訓練の練習にもなりました。